6畳1Kにソファ・ベッド・デスクを置く

こんにちは。 私が東京で一人暮らしをしていたころのレイアウトについて紹介したいと思います。 もう一人暮らしを初めて4年くらいになるのですが、長らく↓のようなレイアウトを採用してました。 部屋のサイズは1K 6畳です。 ちょい縦長の部屋だったので、ベランダ側のマドを塞ぐ感じでベッドを奥に置き、余った正方形の空間にソファとローテーブルとテレビボードを置く…ありがちなレイアウトだと思います。
そうすると必然的にソファが中心の生活になるんですが、実際大抵のことはソファでできるので快適ではありました。 ただ、Mac使う時だけは例外で、ちょっとしたブラウジングなら膝上とかでいいんですが、コーディングとかe-work時の作業とかは辛いものがありました。 やっぱりディスプレイ使いたい、椅子のほうが楽だなーデスク欲しいなーという思いが強まったので、デスクを置くレイアウト考えました。

これがデスクもおけるレイアウトです

ちょっとベットとデスクの縮尺がおかしいことは許してくだい。 無理やり感はやはりありますが、これで私は快適に過ごせていました。

まとめ

今まで6畳では無理だと思ってたデスクですが、意外と簡単に置けちゃって驚きでした。 実際デスクとソファでは作業効率段違いなので、是非興味がある方試してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です