[画像多め] ADがいるWindows Server 2012 R2を2019へインプレースアップグレード

ADが稼働しているWindows Server 2012 R2をWindows Server 2019(Standard)へアップグレードさせます。

*シングル構成です。

マイクロソフトの公開ドキュメントに沿ってやってみます。

https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/upgrade/upgrade-2012r2-to-2019

前準備

情報収集

万が一のトラシューに備え、システムの情報を取得しておきます。

systeminfo
ipconfig /all
Get-ItemProperty -Path "Registry::HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion"

以上のコマンドの実行結果をどこかに保存しておきます。

レジストリの取得例

バックアップ

切り戻す場合を考慮し、バックアップをとっておきます。

VSS対応のバックアップアプリケーション(Windows Serverバックアップなど)で取得するか、ADが仮想マシンならシャットダウンした状態でスナップショットをとっておきます。

Windows Server 2019のメディアダウンロード

アップグレードさせたいWindows Server 2019のISO等取得し、対象のADサーバにマウントさせます。

言語をあわせる

アップデート対象のメディアの言語と現在使用している言語を揃えます。

英語を使っているOSで日本語メディアを使ってアップグレードしようとしたら以下のように引き継ぎできないと言われてしまいます。

現在使用しているOSの元々の言語を揃える必要があります。

たとえばUS版のWindowsをインストールして、日本語の言語パックを追加してシステムロケールも日本語で使っている場合、US版のインストールメディアを使用する必要があります。私もこの問題にあたってしまって時間をロスしてしまいました。

言語が違うと既存設定が引き継げないという

アップグレード

setupを実行
更新プログラムをダウンロードする
同意
言語設定が違うと出てこなかった引き継ぎのところ
更新プログラムのダウンロード。1分程度で終わる
Confirmをクリック。その後特に画面が見えないなどの問題もなかった

このメッセージが表示されたときは、ADのスキーマ情報を更新(拡張)する必要がある。

セットアップ画面はそのままにして、以下のコマンドを実行。

DドライブはWindows Server 2019のインストールメディアがマウントされていると仮定しています。実行にはEnterprise AdminsとSchema Adminsの権限が必要です。

基本はビルトインadministratorがあればよいのですが、私の環境はadministratorが無効になっているので、とあるユーザにEnterprise AdminsとSchema Adminsのグループに所属させて、ユーザ指定で実行しました。

ビルトインadministratorがあれば、コマンドプロンプトを「管理者で実行」しておけば、adprep.exe /forestprep とやるだけで良いかと思います。

cd /d D:\support\adprep
adprep.exe /forestprep /user username /userdomain domainname /password password
adprep.exe /domainprep /user username /userdomain domainname /password password
Cをタイプして実行
adprep実行後、refreshを押すとこの画面に
Installを押すと全画面モードにはいり、この画面になる

さらに1時間ほど放置したところ、アップグレードが完了していました。そのままRDPでログインできた。

以下コマンド等でアップグレードしているか、システムに問題ないか確認

systeminfo
ipconfig /all
Get-ItemProperty -Path "Registry::HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion"
dcdiag
2019に上がっていることが確認できる

まとめ

以上、https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/upgrade/upgrade-2012r2-to-2019 

に沿ってやってみました。

書いてあるほどスムーズにはいかなかったですが、Ready to Installになってからは問題なく上がってくれたので全体的には楽にアップグレードできました。

気をつけポイントとしては以下2つですね。

  • 言語をあわせる
  • adprep